タングドラムの作り方

未分類

目次

 

  • はじめに
  • タングドラムの材料
  • タングドラムの作り方
  • おわりに

はじめに

皆さんこんばんは。中野 心乃華です。

このサイトでは、私がタングドラムについて学んだこと、

感じたことなどを綴っています。

 

今回は、タングドラムの作り方について紹介しますので、

是非最後までご覧ください。

それでは早速、始めていきましょう。

タングドラムの材料

・プロパンガスのガスボンベ

(タングドラムは、プロパンガスのガスボンベで出来ています)

・鉄が切れるカッター

(プロパンガスのガスボンベをカットするため、金属をカット出来る道具が必要です。

・ディスクグラインダー

(内側の錆をとりのぞくために使います)

・金属を溶接するための道具

・溶接用の手持ち面や溶接用のヘルメット

(ガスボンベをカットする時に火花が散るので、ゴーグルで目を保護した方が良いでしょう)

・金属を研磨する道具

・スプレーペイント

(タングラムに色をつけるのに使います)

・アセトン

・調律用のチューナー

(希望の音を作るために、調律をしながらの制作が必要になります。

「チューニングアプリ」も色々出ているので、そういうものを使うのも良いかもしれません)

例えば、

・チューナー & メトロノーム (チューニング・メーター)(Android対応・無料)

・楽器チューナー Lite by Piascore(IOS限定・無料)

などもあります。

タングドラムの作り方

1 プロパンガスのガスボンベの底の部分をカットし、丸い面が出るようにします。

2 プロパンガスのガスボンベの底の、丸い部分の中心に、鉛筆で印をつけます。

3 中心から8等分になるように、鉛筆で印をつけます。

4 コンパスで真ん中から順に円を描いていきます。

5 外側にもコンパスで円を描いてデザインしていきます。

(ここが舌の様なデザインになる所です)

6 ペイントしたい部分だけにペイント出来るように、マスキングテープを貼り、

かけたい色をスプレーでペイントします。

7 先ほど鉛筆で印をつけた部分を、鉄が切れるカッターで切っていきます。

この際、時々鳴らしてみて、調律していきます。

8 余分な側面の部分を切り落とします。

(ガスが残っている場合、危険なため、注意しましょう)

9 ディスクグラインダーを使って、内側の錆を取り除きます。

10 ボンベ本体の塗装を取り除きます。

11 タングドラムを鳴らし、調律していきます。

(調律のために、舌の部分の切り込みを深くしたり、溶接して切り込みを浅くしたりします)

12 調律が終わったら、下の部分となるものを綺麗にカットします。

13 上の部分と下の部分を溶接して1つにしていきます。

14 溶接が完了したら、溶接した部分をディスクグラインダーを使って整えていきます。

15 研磨していきます。

16 グリースを取り除くために、アセトンで拭きます。

17 スプレータイプの塗料で色を塗って完成。

おわりに

いかがでしたか?

 

タングドラムを自分でも作ってみたい方は、

YouTubeで色々な方が作り方を紹介しているので、

観てみるのも良いかもしれません。

 

ただ、金属をカットしたりするので、結構火花が散ります。

本体自体が、プロパンガスのガスボンベのため、

ガスが残っていることもあるかもしれません、

そのため、家の中で制作するのは、やめた方が良いでしょう。

 

では、また次回のブログでお会いしましょう。

ごきげんよう。

TOYOSO スリットドラム 音楽療法 14インチ 15音 タングドラム Cメジャー スチールタングドラム 金属ドラム 打楽器 ヨガの瞑想 音楽療法 リラクス 日本語マニュアル 付き (ブルー)

価格:18,752円
(2022/4/26 14:34時点)

タイトルとURLをコピーしました