詩「クラシック」

未分類

目次

  • はじめに
  • 詩「クラシック」
  • おわりに

はじめに

皆さんこんばんは。中野 心乃華です。

このサイトでは、

私が学んだこと、感じたことなどを綴っています。


今回、詩を書いてみたので紹介します。

是非最後までご覧ください。

それでは早速、始めていきましょう。

詩「クラシック」

あなたのささやきが

あなたの優しさが

あなたのほほえみが

心にしみわたる



優しさ溢れるあなたに

溶け込むように ただ身を委ねてみる

幾年もの時を越えて

語り継がれるあなたの声を

感じるままに過ごす豊かな時間


気負うことなく

緊張せず

自分の心にナチュラルに

泣きたい時は涙を流し

笑いたい時は思いっきり笑っていくうちに

のどかな日常の中の小さな幸せに気づく。


季節の移ろいを感じ

家族がいてくれることに喜び

星や月、自然の美しさをいとおしむ。



そんな小さな幸せたちが手をつなぎ

大きな幸せの輪になっていく。



人と自然

人と人とのつながりを感じ

穏やかでゆったりと幸せな時間が流れる。



あなたは、大切な心のオアシス。

おわりに

いかがでしたか?



あなたにとってクラシック音楽って何ですか?


では、また次回のブログでお会いしましょう。

ごきげんよう。

タイトルとURLをコピーしました