「タングドラム生活」3ヶ月で気づいた『好きなことを学ぼう!』

未分類

目次

 

  • はじめに
  • 「タングドラム生活」3ヶ月までにやってきたこと
  • 好きなことを学ぼう!
  •  理由:興味関心のあることを一番学ぶ
  • 「好きなことを学ぶ」やり方
  •  1 興味関心に気づく
  •  2 疑問について調べる
  •  3 1〜2を繰り返す
  • 学ぶ時に大切なこと
  •  1 支配関係では学べない
  •  2 集中力を妨げない
  •  おわりに

はじめに

皆さんこんばんは。中野 心乃華です。

このサイトでは、私がタングドラムについて学んだこと、

感じたことなどを綴っています。

 

今回は、「タングドラム生活」3ヶ月を振り返ってみて、感じたことを紹介してみます。

是非最後までご覧ください。

それでは早速、始めていきましょう。

「タングドラム生活」3ヶ月までにやってきたこと

「タングドラム」と出会って、今日で4ヶ月目に入りました。

タングドラムは、もはや私の生活になくてはならない存在になりました。

 

3ヶ月で、

YouTubeは、チャンネル登録者数43名。

TikTokは、フォロワー数86名になりました。

沢山の方に応援していただき恐縮です。

今後も色々な動画をアップしていきますので、

チャンネル登録やフォローをして、楽しみにしてお待ちくださいませ。

 

タングドラム用のジブリの楽譜を5月下旬に作り始めて、

今日現在、販売しているのは4曲。5曲目は審査中です。

 

6月から「タングドラムちゃんグッズ」の販売を開始しました。

これは、タングドラムという不思議な楽器の存在を

皆さんに知っていただきたくて作り始めました。

 

ロゴをデザインしてくださった happycollections さんにデザインをお願いしました。

現在、下記の6種類の商品を販売しています。

続々と新商品登場!お楽しみに☆

「タングドラムちゃんTシャツ」チャコール

「タングドラムちゃんラグランTシャツ」杢グレー×ブラック

「タングドラムちゃんステッカー」

「タングドラムちゃんマスキングテープ」テープ幅15mm

タングドラムちゃんパーカー」杢グレー

タングドラムちゃんジップパーカー」杢グレー

気になった方は、是非ご購入くださいませ。かわいいですよ〜。

好きなことを学ぼう!

タングドラムに出会って3ヶ月。

「好きなことを学ぶ」ことの重要性について実感しました。

そこでこれから、好きなことを学ぶやり方や、

そうした方がいい理由について紹介していきます。

理由:興味関心のあることを一番学ぶ

好きなことを学ぶのが重要だと思う理由は、

「興味関心のあることを一番学ぶ」ということです。

 

子供達も大人も、興味関心のあることを一番よく学びますし、よく理解し、よく浸透します。

子供達って、自分が興味関心のあることには熱中しますよね。

熱中すると、うまくなろうとします。

中には簡単に出来ないことも出てきますが、忍耐強く取り組みます。

これは大人も子供も同様だと感じています。

 

そうやって本人が無意識のうちに努力を積み重ねていく中で、

「自分はできる!」という自信を持つようになります。

自分に自信を持つことが、

勉強や学びの中で、非常に重要なことだと私は思っています。

「好きなことを学ぶ」やり方

1 興味関心に気づく

強制されず、自分の好きなことや必要だと感じたことに取り組む時、

子供達も大人も、驚くべき集中力を発揮し、ものすごいスピードで吸収していきます。

 

そのきっかけは、小さなものです。

例えば子供達の場合は、

「なんで〇〇なの?」

「あれってなあに?」など

日常で問われる子供達からの疑問です。

親御さんは、その小さなかけらに気付きましょう。

 

そして大人の方も、普段から小さな疑問を大切にしてみましょう。

2 疑問について調べる

お子さんの場合は、お子さんから出される疑問を拾って、

親御さんも一緒になって調べてみてくださいね。

図書館に行って、一緒に関連の本を探してみるのがおすすめです。

特に夏場は暑すぎて、そして冬場は寒すぎて

家に閉じこもりがちな子供達も多くなりますが、

自分が興味関心のあることなら家から出るなど、行動に移すこともしやすくなります。

 

大人の方もお子さんと同様、疑問に思ったことはすぐに検索するなど、

気になったことをすぐ調べることを習慣にしていくと良いでしょう。

3 1〜2を繰り返す

お子さんの場合は、お子さんをよく観察して、

子供達の疑問に対して親御さんは、

「すごいね。そんなこと考えたこともなかった」などと楽しみながら一緒に調べていきます。

 

それを日常の中で繰り返していくうちに、

自然と文字が読めるようになったり、

色々な物事についての興味や関心もより広がっていきます。

それには親子の信頼関係がベースとなります。

普段から親子で何でも言い合える、そんな関係を築いておきましょう。

 

大人の方の場合は、

やりたいことが見つからず、困っている方も多いですが、

こうやって自分の興味や関心に集中していくうちに、

自分の好きなことが、どんどん見つかっていくのでおすすめです。

学ぶ時に大切なこと

1 支配関係では学べない

教育と言われるものは、

教える側と教わる側の関係を

支配関係で行っていることが多くありますが、

大人も親御さんたちも、子供達から学ぶことって多々あります。

 

一般的に子供達は何も知らない人と思われており、

子供達が一方的に大人から教わることが多いように思います。

子供達は子供達なりに色々なことに気づき、学んでいます。

そして、親御さんを遥かに超えた想像力や豊かな発想を持っています。

 

強制的に、一方的に教わると、

子供の苦痛が簡単に無視されてしまいますし、

子供が自分の頭で考えなくなってしまってしまうのです。

 

大人の場合も、先生と呼ばれる人に一方的に教わるだけだと苦痛を感じ、

例え興味のあることでも、楽しくなくなってしまったり、

途中でつまらなく感じてやめてしまうこともあります。

それってめちゃくちゃ勿体無いですよね。

もしかしたら、先生が合わなかっただけかもしれないし、

先生のそのやり方が合わなかっただけかもしれないのに、嫌いになってしまうなんて。

好きになったその気持ちを大事にしてくださいね。

 

人生は選択の連続です。

大きい決断も小さい決断も沢山あります。

何をするのもしないのも、決定するのは「自分」です。

「主体的に学ぶ」ことによって、自分で決定する力も身についていきます。

 

大人になっても未知の問題やトラブルは、常に現れてきます。

その時必要とされるのは、

「自分は問題に対処できる」という自信であり、「自分への信頼」です。

 

やりたいこと、好きなことに

集中したいだけ集中できる経験を通して、

そのような自分への「自信」と「信頼」、「自尊心」を育み、

子供達も大人も、自分の人生を幸せに生きていく力がついていく。

私はそう思っています。

2 集中力を妨げない

子供達も大人も、誰かが集中し出したら、その集中を妨げないよう気をつけましょう。

驚くほど長い時間集中することもありますし、短い時間集中することもあります。

親御さんや大人などがむやみに声をかけ、一旦集中力が途切れてしまうと、

もう一度集中するのは非常に困難です。

 

ブティックに買い物に行った時に、

店員さんがあれもこれもとオススメの商品を持ってきて、

声をかけてくることって、ありますよね?

 

お客様として、ゆっくり商品を見たかったりするのに、

焦ってしまったり、嫌な気持ちになって店を出たことはありませんか?

 

そんな店員さんにならないように注意し、

親御さんは、子供達に必要があれば声をかけてくれるように頼んだら、

そっと見守るか、

もしくは状況に応じて、その場から適切な距離を取りましょう。

そうすることで、より子供達の集中力を発揮することが出来ます。

 

大人の方の場合も同様に、

誰かが集中している時には、集中力を妨げないように気をつけましょう。

 

子供達から

「あれ何?」

「これ何?」

「これどうなってるの?」という疑問に、

親御さんは、お子さんが幼児の時から沢山浴びせられると思います。

つい忙しくて聞き流したり、

心に余裕がなくて適当にあしらってしまいがちです。

でも、そこに子供の「学びの原石」が眠っているということに気づくと、

質問責めすら楽しめるようになっていきます。

 

「学ぶ」という本質的なところを大切にすることで、

子供自身が自分に自信や信頼、自尊心を育むことが出来るということを、

肝に銘じて、日々の暮らしの中で、

子供達に寄り添い、向き合ってみませんか?

おわりに

いかがでしたか?

 

「好きなことを学ぶ」ということが学ぶことの基本であり、

大人にとっても子供にとっても、非常に大切だなと実感しています。

 

夏休みに入った子供達も多いと思うので、

お子さんの場合について多く記載してみました。

「タングドラム」という楽器は日本でも、もしかすると世界でも

まだまだマイナーな、マニアックな楽器の1つだと思います。

 

でも私は、なんだか気になる。どうしてもやってみたいという自分の気持ちを大事にして、

実際に楽器を購入し、演奏してみることを始めました。

始めてみたら、楽しくて楽しくて。

毎日が楽しい日々に変わっていきました。

 

タングドラム用の楽譜が販売されていなかったので、

大好きなジブリの楽譜を自分で作ることも始めました。

楽譜制作方法については、学校の授業で習ったことはありませんでしたが、

やってみたいと思ったので、自分で調べて独学で制作を始めました。

最初の1曲目が完成したとき、とってもドキドキしました。

それを何度も続けて、今は4曲販売中で、5曲目は審査中です。

 

好きなこと、やってみたいと思ったことだと、

調べたりしながら、時間がかかっても出来たりするんだなぁとしみじみ思いました。

 

やってみたいことがあるなら、

「やったことないし・・・。」と諦めてしまわないで、

失敗することを恐れないで、

チャレンジしてみるっていうのは、とっても大事だなぁって思います。

 

是非この夏、前々からずっと心の中で、やってみたいと思っていることがあるなら、

実際に調べてみたり、やってみたりとチャレンジしてみませんか?

 

では、また次回のブログでお会いしましょう。

ごきげんよう。

タイトルとURLをコピーしました